大腸の内視鏡検査をした後の食事は可能か

健康診断をするとき、通常は事前に食事をしないように言われることがあります。食事をしていると血液や尿に食事の影響が出ることがあるからでしょう。食事や飲み物を飲んだ時にはそれを伝える必要があります。そのために検査の時間によっては非常におなかがすくことがあります。すぐに食事をとりたくなる場合があるかもしれません。そのあとも我慢となると大変です。大腸の内視鏡検査をした後に食事をすることができるかです。この検査では数日前から準備があります。一般の食事を食べることはできず、専用の食事をします。さらに下剤などを飲んで腸をきれいな状態にします。一応食事はしていますがそれでもかなりおなかがすいた状態です。一応検査の後は食事制限はありません。ただししばらく通常の食事をしていませんから、消化の良いものを選ぶようにします。

大腸の炎症を見られる内視鏡検査

便には固いタイプ、緩いタイプ、そして通常の固さのタイプがあるとされています。適度な硬さのものが最も良いとされていますが、状況によって水分が少なめになっていたり、大目になっていたりすることがあります。体調の変化としては風邪などによっても変化があります。風邪をひくと下痢になることがあります。いろいろな原因で便の状況が変わることがあります。風邪でもないのに長期的に下痢などが続く場合には大腸の内視鏡検査をするのが良いとされています。それによってわかることとして大腸の炎症を見ることができる場合があります。炎症ができていても通常はもちろん見ることができないので治療しようがない場合があります。カメラを使って中の状態を見ることで様子がわかればそれに合った治療を行うことができます。症状の改善にもつなげられます。

大腸の内視鏡検査前日の食事に気を付ける

体調の悪い時などは消化のいいものを食べるように言われることがあります。食事から栄養を取ることになりますが、体調の悪い時はなかなか消化ができません。そのために栄養が取りにくくなります。消化の良い食べ物であれば負担なく食べられる場合があるので良いとされています。一般的にはご飯に水を足して煮立たせたおかゆなどが良いとされます。少し物足りないと感じることもあるでしょう。大腸の内視鏡の検査をする前日には食事を気を付けるように言われます。あまり消化の悪いものはよくありません。よい食べ物として、うどん、ご飯、卵、乳製品ン度が挙げられています。ご飯はおかゆにする必要はなく、普通の状態でも問題ありません。野菜類、果物類、海藻、きのこ類は食物繊維などがあるので消化があまり良くありません。そのために控えなければいけない食事になっています。